タイムレコーダーで労務管理をクラウド化しよう

リアルタイムで出退勤の管理ができる

労務管理に欠かせないアイテムとしてタイムレコーダーがあります。一般的なタイプとして、タイムカードとセットで使うものが知られています。従業員一人一人にタイムカードが用意され、出退勤時にタイムレコーダーに打刻します。出退勤の時刻は記録されるものの、タイムカードを集めないとわかりません。すぐに出退勤の様子を把握できませんでした。新しいタイプでは、タイムカードではなくICカードなどで出退勤を把握します。取得したデータはクラウド上のデータベースに集められ、それがリアルタイムに人事部や上司などに届きます。遅刻をすればその日に連絡が来て、残業が長ければその次の日に理由を追求されます。リアルタイムの管理で、効率的な勤務体制を築けるようになります。

その日のシフトをその日の出勤状態で決められる

工場や倉庫の業務では、いかに忙しいところに人員を配置するかが大事になります。一応各人の持ち場は決まっているものの、できれば忙しいところに人を集中させ、余裕があるところの人を減らすなどの調整をしたいところです。これまでは現場に判断を任せるしかなく、人の配置などがうまく行えませんでした。勤怠管理をクラウド化すると、その日のうちに出勤状況が分かります。ある部署で忙しくなると予測されるとき、余裕がある部署で他の業務経験のある人の配置転換が行えます。現場の判断ではないので、経験者を効率よく投入できます。無駄に人を増やすと逆に混乱して業務が非効率になるケースもありますが、適材適所の配置によって効率化を進められます。