まさに働き方革命!タイムレコーダーの導入事例

勤怠管理業務の効率化

勤怠管理業務は、給料支払いに直結する業務なので労使ともに細心の注意を払って行う必要がある仕事になります。分単位で細かく勤怠の情報を管理して給料の支払い額を決めてゆく業務というのは、かなりの労力を必要としています。また、勤怠管理という実際に何も生み出していない部分に経費を払うということは会社にとってもうれしくないことです。そこでお勧めになるのがタイムレコーダーの導入です。タイムレコーダーを導入するだけで、社員それぞれが勤怠管理を行う様になるので勤怠管理業務が大幅に簡素化できます。また、社員自身も正確に自身の勤怠状況を把握できるので、社員それぞれが生産性を高めて業務遂行をする足がかりになるので会社の収益改善にも大きな効果があります。

社員数が多ければ多い程効果が大きいです

タイムレコーダーの導入は、社員数が多ければ多い程効果がでてきます。社員が例えば数人といった規模の会社では、タイムレコーダ導入のイニシャルコストを回収するのに相当な年数がかかってしまうからです。その為、社員規模が数十人以上といった会社から効果が出てくるので自身の会社の社員数も導入するかしないかの判断材料にすることをおすすめします。また、勤務形態が、日勤や夜勤、3交代といった複雑な場合にも効果があります。単一の勤務形態であれば勤怠管理はそれほど大変ではないのですが、勤務形態が複雑になればなるほど、社員それぞれの勤務時間が違ってくるので管理するのが大変になるからです。タイムレコーダ導入は、イニシャルコスト回収の年数も併せて考えておこくとが重要です。