就業規則にあわせて使う!タイムレコーダー活用事例

残業が事後申告から事前申告にできる

会社にとって、人件費を適正に保つのは大きな課題です。就業規則も人気費を増やさないように設定するところもあります。就業規則の時間外に働けば残業になり、会社側は残業代を払う必要が出てきます。サービス残業が問題と言われていますが、会社にとっては無駄な残業が問題になります。タイムカード式のタイムレコーダーだと残業の認識が後になります。そのため事後申請になりがちで、無駄な残業のチェックができませんでした。そこでリアルタイムに把握できるタイムレコーダーの導入の検討をします。リアルタイムに残業が認識されるので、事前申告での管理ができるようになり、無駄を減らせるようになります。残業ではなく、昼間にしっかり業務を行うよう指導ができます。

交代制でも自動的に集計ができる

医療機関などでは24時間365日体制で業務が行われます。働く人は交代制になっていて、就業規則で何時から何時まで働くのか、夜勤の後の休みの取り方などが決められています。昼間のみに仕事がある会社だと、全員の出勤時間と退勤時間の管理がしやすいです。ある時間よりも遅ければ遅刻や残業などが分かります。交代制だと、出勤時間がバラバラなので、シフトと合わせて計算などをする必要がありました。時間自体はタイムレコーダーの情報を利用できます。それを自動的に収集して集計し、シフトに合わせた労働時間の計算をするシステムの導入があります。タイムカードとシフト表を見ながら集計をするのに比べて、大幅に事務作業が減らせます。効率化を図れるようになります。